人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
中国の「汚染食品」ごときではもう驚きません
<早い話が>人情肉まん紙風船 金子秀敏

 冷凍の肉まんを蒸して食べた。日本製である。一口かじると、ブタ肉とみじん切りの野菜を舌が感じ分けた。野菜が段ボールに思えてきた。

 世界を震撼(しんかん)させた段ボール肉まんを地元中国では「紙皮包子(チーピーパオズ)」と呼ぶ。ショックは当分続く。韓国製キムチから回虫卵が検出されたのは2年前だが、いまだにスーパーのキムチには「国産白菜使用」のシールが張ってある。

 中国のテレビ局は「段ボール肉まんを告発した番組はやらせだった」と発表し、関係者を処分した。

 本当にやらせだったのか。番組で段ボール肉まんの製造現場とされた十字口村は、北京といっても市街地の外れにある。偽酒、偽たばこ、出稼ぎ労働者用の安弁当を作る作業場が密集している。違法な商売だが、業者と村役人が結託して、よそ者は立ち入れないような地域だという。

 ここが舞台ではさもありなんと思う。しかし、隠し撮りした映像を見たときに不自然さを感じた。いくら村の中とはいえ、「水酸化ナトリウムで煮る」だの、「紙と肉は6対4で混ぜる」だの、業者が解説しすぎだ。

 北京の道ばたで、屋台にカメラを向けたら殴りかかられたことがある。無許可営業を取り締まる工商局の役人と間違えたらしい。違法な業者は罰を恐れているから、部外者に違反の内容をしゃべったりしない。

 やらせとすると、段ボール肉まんというアイデアは、どこから出てきたのか。中国では、でんぷんで作ったインチキ粉ミルク、防腐剤漬けの養殖魚、下水に廃棄された油で揚げた揚げパンなど、食の安全が深刻な問題であることは確かだ。

 ただ、このところ、消費者物価の上昇が庶民生活を直撃している。とくに食料品の値上がりが激しい。そのなかでも肉、タマゴ、食用油の値上がりが目立つ。今年上半期で3割以上も高くなった。とりわけブタ肉の価格は、ブタの伝染病の流行が重なって、去年の2~4倍にも跳ね上がった。

 ブタ肉に対する庶民の関心が高い、だから肉まんの餡(あん)を段ボールで代用させるというやらせ番組を思いついたのだろう。

 いまや国内総生産(GDP)の規模では世界第3位の勢いだが、インフレが庶民生活を脅かしている。89年の天安門事件が起きる前も、中国人は激しいインフレに苦しんでいた。段ボール肉まん騒ぎは、中国の乱世を告げる警鐘ではないのか。(専門編集委員)


汚染食品は日常ではあっても、それに対する不満は相当の模様。

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2007-07-26 21:42 | 国際
    << 社会保険庁「名寄せ作業、指示が... 年金関係エントリー >>