人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「自分は日本人だけど」が自演臭くて笑えるが
女子フィギア報道巡り 中央日報またまた「炎上」

中央日報の日本語版サイト(「ジョインスドットコム」)がまたしても「炎上」に見舞われている。「自分は日本人だけど、安藤、浅田両選手よりこの(金妍兒)選手のほうが好き」とするネット上の反響が日本でもあったとする記事が「炎上」の発端だ。同サイトは2007年1月にも、秋山成勲選手について述べた記事で「炎上」したことがある。

「安藤、浅田両選手より金妍兒選手のほうが好き」
中央日報・日本語版サイトは2007年3月25日、世界フィギュア選手権で韓国の金妍兒(キム・ヨナ)選手が3位になったことについて、「日本ネチズンも金妍兒の演技を賞賛」と題した記事を掲載。それは次のような内容だ。

「24日の世界フィギュア選手権で惜しくも3位に終わった金妍兒に対し、韓国だけでなく日本のファンも激励と賛辞を送っている。日本ファンは金妍兒の美しい演技に称賛を惜しまなかった。この日の演技を見た日本の金妍兒ファンらは中央日報ジョインスドットコム日本語版ホームページに接続し、300件以上のコメントを書き込んだ」
そして、「自分は日本人だけど、安藤、浅田両選手よりこの選手のほうが好き。今回は残念だったけど、次はがんばれ。それにしてもアジアのフィギアのレベル高いね」といった金妍兒を絶賛するコメントを紹介した。

コメントは合計で700件にも上った
この記事のコメント欄にはコメントが殺到。「私もキム・ヨナちゃんも好き」と言った好意的なコメントも寄せられているが、「また自己満足の民族新聞の記事か」などの批判や「荒らし」のコメントが多数寄せられ、07年3月26日夕方時点でその数は500を超えた。さらには、過去の「金妍兒、ショートプログラムでトップ」と題した記事についても、金妍兒選手が3位となった後も、批判などのコメントのほか、中傷や「荒らし」のコメントが相次ぎ、そのコメントは合計で700件にも上った。

同サイトでは、秋山成勲が無期限出場停止処分を受けたことについて述べた、2007年1月18日付の「ネチズン『在日だから秋山を差別?』」と題した記事を掲載した折にも、コメント欄が「炎上」し、関連記事を含め、計2,000以上の批判や中傷のコメントが寄せられたことがある。
中央日報東京支局の担当者はJ-CASTニュースに対し、

「削除依頼などがあれば本国に伝えるが、今のところそうした問い合わせはない」
としている。


こんなあからさまな自演に本気で怒る方もどうかと思われ。

それは兎も角、金妍兒は無理しずぎじゃないだろうか。

フィギュア世界選手権初メダルの金妍兒 「芸術」で新紀元

金妍兒(キム・ヨンア)のショートプログラムの演技は実に素晴らしかった。映画ムーラン・ルージュ挿入曲の「エル・タンゴ・ド・ロクサーヌ」の情熱的なリズムに合わせて「スペインの踊り子」が完璧に再現されていた。

滑っている氷が解けないのが不思議なほど、熱い演技だった。テクニック的には完璧だったが、芸術的にはそれ以上だった。観衆も驚き、世界も驚いた。ロサンゼルスタイムズのフィリップ・ハッシー記者は、「2分40秒あまりの短い時間だったが、100年の伝統を持つ女子フィギュアの歴史に、新境地を開いた」と評した。

金妍兒本人も「驚いた」と話した。金妍兒は「時々、演技の途中に半分ぐらい狂ったような状態になる経験したりするが、今回のショートプログラムは終始そのような状態だった」と話した。

どれほど演技に没頭していたのか、当時体育館が揺れるほど拍手を送った観衆の反応もまったく知らなかったという。言葉どおりの無我之境(精神が1ヵ所に集中されて自らを忘れる境地)だった。

専門家たちは、金妍兒を「テクニシャン」としてよりは「アーチスト」だと評価する。金妍兒自身も「フィギュアスケートは、芸術により近い」と語った。金妍兒の芸術性は半分は生まれつきで、半分は作られたものだ。

前のコーチだった金セヨル氏が、固いばかりだった金妍兒の中から、芸術家としての素質を引き出した。世界的な振付師のカナダのデービド・ウィルソン氏はこれを増幅させる役割をしてくれた。

しかし、芸術も体力が裏づけされてこそ可能なものだ。今シーズンは、ずっと負傷に苦しめられた金妍兒に4分が越えるフリースケートの演技でショートプログラムの完成度を期待するのは、やや無理だと思われていた。

「夏じゅう、体力をつけなければならなかったのですが、負傷のためそれもできなかったです。こちらを治療したらまたあちらが悪くなり、またあちらを治療したらこちらが怪我してと…。大会直前、カナダで体力訓練に一番本腰を入れたのですが、東京へ出発する2日前に尾骨が急に痛み出して歩くこともできなかったし、座ることもできないかった。体力も落ちっぱなしで本当に大変でした」

フリースケートの演技前にウォーミングアップする時から体が重く感じられた不安だったという金妍兒は、ジャンプの演技で2回も転倒して、これだけで10点以上カットされた。最終点数は186.14点。ミスさえしていなければ、安藤美姫(195.09点)と浅田真央(194.45点)にも勝てる点数だった。

金妍兒は最終結果について、「むしろ良かったかもしれない」と話した。「シニアの初シーズンから首位に立つと、その後は首位を守ることにのみ汲々となるでしょうね。(首位に上がれる)機会はまだまだ多いですし、今は挑戦者の立場がさらに良いと思います」。

ちょっと腑に落ちなかった。金妍兒は、「完璧主義者」に知られている。彼女を指導するブライアン・オーサー・コーチは、「練習の時、『もう休もう』と言っても止めないで、練習を休まないほど練習の虫だ。これで満足する、ということを知らない」と話したことがある。

金妍兒はこの言葉に頷きながらもこのように付け加えた。「私か追い求めるフィギュアは、人との競争で勝つのではなくて、自分との戦いで勝つことです。私が満足できる水準に到達すること、今はそれが一番重要です」。金妍兒は27日から今大会のメダリストたちと一緒に日本の名古屋、大阪、札幌で巡回演技を披露した後、4月1日に帰国する。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2007032692228


無理をし続けると、潰れるのも早いと思う。

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2007-03-26 20:34 | 韓国捏造文化
    << ソメイヨシノの「両親」は? 慰安婦決議案、採決は「5月に >>