人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「戦後責任」ってなんですか
首相・国会は救済に動け 「冷酷な判決」としか言いようがない。

 永住帰国した中国残留孤児四十人が国に一人当たり三千三百万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は国の賠償責任を認めず、原告の請求を棄却した。

 この裁判では、(1)孤児発生に対する国の責任(2)早期帰国を実現する義務に違反したか(3)帰国後の自立を支援する義務を果たしているか―などが争点になった。

 加藤謙一裁判長は「国には早期帰国の実現や帰国後に自立を支援する義務はなく、違法、不当行為もない」と原告の主張をすべて退けた。

 敗戦前後の混乱の中で父や母と生き別れになり、荒涼とした大陸に取り残された孤児たちの帰国について「国の責任がない」などという判決は当事者でなくても、とうてい受け入れることはできない。

 厚生労働省の調査によると、永住帰国した孤児の半数近くが日本語ができないか片言のあいさつができる程度で、六割が生活保護を受けている。帰国を後悔している孤児が一割以上もいる。

 こうした厳しい状況がありながら、判決は「国には自立を支援する義務はない」という非情なものだった。

 判決の直後、孤児からは「なんでいじめるの」「生きていたくない」との悲痛な叫びと涙があふれたという。それでも原告たちは「命の限り、最後まで闘う」と決意した。

 孤児たちの中には、へその緒がついたまま取り残された人もいたという。こうした人々の自立を支援し、老後の生活を保障するのは国の当然の責務である。原告たちはこの後も法廷闘争を続ける方針だ。しかし、高齢化して生活も困窮している。裁判とは別に救済の手が差し伸べられるべきだ。

 敗戦前後、孤児たちを見捨てた国は今こそ「戦後責任」を果たす必要があろう。帰国者が求める生活保障給付金について、とくに首相・国会が一日も早く決断し、実現すべきである。

http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20070201.html#no_2


また訳の分からない責任が出てきたもんだ。

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2007-02-01 22:42 | マスコミ
    << 寺を襲う韓国人達 東京新聞 "産む機械... >>