人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
韓国の子供たちは『反日パブロフの犬』
日本有数の出版社小学館から隔週で発行されるSAPIOという雑誌がある。<中略>SAPIOが最新号(訳注:2005年9月28日号。9月14日発売)の表紙記事として扱ったテーマは、「中韓『反日』決戦の秋」。雑誌の約4分の1にあたる30ページを割いた今回のテーマは、韓国と中国の反日感情を総合的に分析している。<中略>その中で、産経新聞の黒田勝弘ソウル支局長の寄稿したコラムが特に目をひく。

黒田支局長は、「韓国の子供たちは『反日パブロフの犬』になっている」という挑発的なタイトルの文を通じて、ここ数ヶ月から遠くは過去数年間に自分がソウルで経験したエピソードを紹介しながら、「韓国はいったいどこに行こうとしているのか。2005年夏、韓国のイメージは混乱するばかりだった。」と締めくくっている。<中略>

黒田支局長はこのような現状(訳注:「民族の精気を回復するため」の金属杭引抜き、地名からの日帝残滓排除の動き、反日運動によって「従軍慰安婦」ということにされてしまった故金学順さんなど)の一番の問題点として、「左派系教職員組合『全教組』の教師らによる学校教育」を挙げる。黒田氏は、ハンギョレ新聞8月19日付の読者投稿欄に掲載されたある教師の読者意見の内容を紹介しながら、韓国の教育現場を批判した。

「…<前略> 問題は日本に対する生徒たちの考えがどうにもならないほどひどいということだ。韓国の歴史を教える結果、自分は民族主義者になって反日を教えている感じになる。そこで『先生は日本の間違っている点についてだけ批判しているのであって、日本を嫌っているのではないのだよ』ということにしている。ところが生徒たちの中にはわけもなく日本が嫌いで憎いという子たちがいる。その中には日本を世界で一番悪い国と思うようになる場合もある。他国がをまともに知ったうえで批判するのではなく、何が何でも式に他国を憎むという感情を持つことはきわめて危険なことといわざるを得
ない」(ハンギョレ新聞8月19日読者意見)

「子供たちがどんな”反日言辞”を語っているのか具体的に紹介されていないのは残念だが、ぼくの日常経験でいっても小学生や幼稚園生が『日本』や『日本人』に対しては反射的に『ナップンノム(悪いヤツ)!』という光景はよく目撃する。一方で、アニメや学用品など日本文化を好みながら、この条件反射は変わらない。国際化時代といいながら、韓国の子供たちはマスコミや教育、そして父母など周辺の口コミによって”反日パブロフのイヌ”になっているのだ。」<中略>

黒田支局長の立場を遺憾なく発揮(?)した今回のコラムが掲載された雑誌SAPIOは、既存の日本の週刊誌たちと違い政治、マスメディア、国際経済分野を重点的に扱う「国際情報誌」と銘打っており、特にアメリカに追随する日本を猛非難する論調のコラムが時おり登場する「民族右翼」誌として名高い。

http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=281409


  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2005-09-19 22:06 | 反日運動
    << 民主党、「次の内閣」を内定 民主党議員長浜ひろゆき、国民は... >>