ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
東方神起って誰?熱狂的フ..
from 貴方の知らない日本
刑法改正案→日本を侮辱す..
from 【2chまとめ】ニュー速嫌儲..
【中国BBS】韓国の良い..
from 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
韓国メディア「K-POP..
from ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
野村旗守氏の転向(主権回..
from 東京のばかやろーブログ
有門大輔氏の問題点2(み..
from 東京のばかやろーブログ
在特会の問題は私達の責任..
from 東京のばかやろーブログ
定資産税減免せずを普通と..
from 母さんによる徒然・・・
自己愛性人格障害
from 文句言いのたわごと
政府に国民の声を届けよう..
from 母さんによる徒然・・・
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
民主党の拙速な代表選
民主党は拙速な代表選実施で、政治ショーの最高の演出機会を逃した


 5月11日、民主党の小沢代表が突如辞任を表明した。当初、不可思議に思われたそのタイミングだったが、記者会見に出席し、周囲の議員を取材し、改めて検証し直してみると、じつによく練られたものであることがわかった。

〈平成21年度補正予算案の衆議院での審議が終わるのを待ったうえで、速やかに代表選挙を実施していただきたいと思います〉(小沢代表辞任会見)

 何より、これによって小沢民主党は、予算審議を含めて国会日程の主導権を握ったのが大きかった。国会対策を事実上終了させてしまったことで、麻生首相の持つ「解散カード」までをも一瞬にして、限定的なものにしてしまった。さらに、代表選で新代表を選ぶと明言したことで、その後の民主党の党勢回復にも一役買うものであった。

 つまり、小沢代表は自らの辞任によって、強烈なボールを麻生首相に投げ返し、政治的に攻守逆転に成功したのだ。

 ところが、である。せっかくのそうした戦術も、翌日には完全に無意味なものとなってしまった。その理由は、代表選のスケジュール設定にある。

 政治的な是非はひとまずおいて、少なくともメディア対策上は、民主党は「敵」や「過去」から何も学ばない稚拙な政党であることが露呈してしまった。翌日の両院議員総会で、鳩山由紀夫幹事長はこう語っている。

「速やかに新代表を選出すべく、本日開催した常任幹事会、両院議員総会において、党規約に基づき、『2009年5月の民主党代表の選出に関する特例規則』及び代表選挙期日を決定、承認いただき、同特例規則にもとづき、5月16日の午後12時30分より両院議員総会を開催し、新代表を選出することといたしました」

 13日までに立候補を表明したのは、当の鳩山由紀夫幹事長と岡田克也副代表のふたり。よって、選挙期間は実質2日間、それで新代表を選ぶという。

 この決定を表現するとすれば、可能な限り、控えめな表現をもってしても、民主党の広報担当者はメディア戦略がいったい何であるかをまったく理解していないか、あるいは、まったくの愚か者であるかのどちらかであることが判明した。


愚かな選択は、政権を担ったときの対マスコミの民主党戦略の未熟さを予想させるに十分であった。
自民党が立ち直ったのも
安倍総理辞任後の総裁選だった

 ここで、メディア戦術上の観点から、小沢辞任の戦略とその後の民主党の対応を分析してみよう。

 当初、小沢代表の辞任は、間違いなく麻生自民党に打撃を与えた。辞任当日の夜、筆者が取材した自民党議員のひとりはこう語った。

「さすが小沢だ。これで麻生は動きを封じ込められたよ。すぐに解散するのも厳しい、かといって任期満了まで延ばせば、民主党の支持は伸びてくる。進むも地獄、止まるも地獄、なんだかんだ言いつつ、小沢の政局観は冴えているよな」

 ところが、翌朝にはこの評価はすべて消えた。繰り返すように、その最大の理由は代表選のスケジュール設定のミスにある。

 民主党は、代表選という、メディアの注目を集め、自らの党と政策と人材を、国民にアピールする貴重な機会をみすみす逃したのだ。

 昨年、一昨年と行なわれた自民党総裁選と比較すればそれがどれだけお粗末なものか理解できるだろう。

 安倍、福田と二代連続の突然の辞任で総裁を欠いた自民党が立ち直ったのは、率直にいって、直後に行なわれた総裁選キャンペーンのおかげだ。

 とりわけ昨年秋の総裁選は、麻生太郎、与謝野馨、小池百合子、石原伸晃、石破茂の5氏が出馬して、華やかな選挙戦を行なったのはメディア戦術の勝利であった。

 候補者たちは連日テレビを中心にメディアに登場し、各々の政策をぶつけ合って、マスコミはそれを徹底的に報道した。さらに公開討論会を行ない、全国を遊説して回った。

 自民党は、自ら蒔いた種で重要法案審議の時間を削り、1ヵ月近い政治空白を作るという厚顔無恥な政治ショーを繰り広げながらも、堂々と総裁選を実施した。

 結果、新総裁が選ばれた頃には、二代連続で無責任な辞任をした前総裁の存在は消えてしまっていた。

政治的な是非は措いておいて、これはメディア戦略的には圧倒的な勝利である。おそらく、その総裁選を対広告宣伝費効果で換算すれば、数百億円の価値があっただろう。これ一点だけでもスピンコントロールが奏功したことば見て取れる。
わずか2日間の代表選では
小沢氏への負の記憶は消えない

 一方の民主党は、今回の代表選をわずか2日間、所属国会議員の投票のみで選ぶと決断した。なぜ、最高の政治ショーの演出機会をみすみす放棄するのか、筆者にはどうしても理解できない。

 拙速な代表選の日程設定は自信のなさの現れであろう。換言すれば、民主党のメディア対策の実力はこの程度なのだ。仮に政権を担ったときにこの程度のメディアスピンすらできないようでは、政権維持も難しいだろう。

 メディア戦略上、前任者の失敗を国民の記憶から消すには、ある程度の時間が不可欠だ。わずか2日間の代表選で、小沢前代表を忘れる国民は皆無だろう。

 次の代表が誰であれ、新しい民主党の代表は、その船出から、前任者の負の遺産を背負うことが運命付けられている。

 スピンコントロールは世界中の政党で行われている政権運営の必須戦術だ。それは善悪の問題ではない。メディア時代の現実なのである。

 旧来型のメディア戦術で通用すると信じている民主党は、「敵」の総裁選や自らの「過去」に学ばないのだろうか。両院議員総会で鳩山幹事長はこうも語っている。

「本来であれば、代表選挙規則本則にもとづいて党員・サポーター、地方自治体議員、公認内定候補者を含めた、代表選挙を実施すべきところでありますが、国会中、補正予算審議中であり、解散・総選挙も間近であることから、できるだけ速やかに新体制を発足させることが必要であると判断し、これまでの任期途中における代表退任時と同様に、党規約第11条第7項にもとづき両院議員総会による代表選出とさせていただきました」

 まったく逆であろう。解散・総選挙が間近であるからこそ、できるだけ長い間、国民の目を民主党に集め、党勢回復を早める、それがメディア戦術の基本である。

 16日の土曜日、民主党の代表は新しく決まるだろうが、そのメディア対策は旧態依然としたままなのである。


http://diamond.jp/series/uesugi/10077/


私も同じ事思った。
これで代表ぽっぽに決まれば詰みだな。

ところで、ダイヤモンドオンラインって良いコラムが多くていい。
[PR]

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2009-05-14 22:02 | 政治
    << 友愛か安心感か TBSテレビ、電通赤字 >>