ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
東方神起って誰?熱狂的フ..
from 貴方の知らない日本
刑法改正案→日本を侮辱す..
from 【2chまとめ】ニュー速嫌儲..
【中国BBS】韓国の良い..
from 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
韓国メディア「K-POP..
from ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
野村旗守氏の転向(主権回..
from 東京のばかやろーブログ
有門大輔氏の問題点2(み..
from 東京のばかやろーブログ
在特会の問題は私達の責任..
from 東京のばかやろーブログ
定資産税減免せずを普通と..
from 母さんによる徒然・・・
自己愛性人格障害
from 文句言いのたわごと
政府に国民の声を届けよう..
from 母さんによる徒然・・・
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カルデロン一家退去は酷すぎるのか?
不法滞在で国外退去処分を受けたカルデロンさん夫妻が4月13日、フィリピンに向けて出国し、日本に残ることになった長女・のり子さん(13)とついに離れ離れになった。このニュースは地元比紙はもとより、英国メディアも含めて海外でも大きく取り上げられた。殆どは事実関係を報じているのみであるが、南アジアをベースにするオンライン・オピニオン誌「Desicritics」は「日本の入管法は残酷過ぎるのか?」と題する論評を載せた。以下、抜粋。

■日本の入管法は残酷過ぎるのか?
弁護人たちはカルデロン一家の在留許可の支持を訴えて約2000人の署名を集めた。そしてアラン・カルデロン氏は定職に就いておりのり子さんは日本語しか話せないなどと訴えたが入管局の判断が変わることはなかった。この日本の入管局の決定に対して多くの人たちからはカルデロン一家に冷酷で厳し過ぎると非難の声が上がった。

しかし本当にそうだろうか?以下の点を考えてほしい。
* のり子さんは日本に留まることを強制されたわけではない。両親と共にフィリピンに戻るという選択肢もあった。
* 子供がいるからという理由だけで不法入国者が優遇されていいのだろうか?
* フィリピンに戻るのは「この世の終わり」なのだろうか?フィリピンは先進国ではないかもしれないが、生きていくことは出来るはずだ。

日本の出入国管理法が他の先進諸国と比較しても厳しいことは確かだ。アメリカだと国内で生まれた者は両親が誰であってもアメリカの市民権が得られるし、イギリスも1983年までは同様だった。(現在は生まれて10歳まで居住していれば不法入国者の子供でもイギリス国民になれる)一方、日本では不法入国者に対する寛大な措置は全く講じられていない。日本で生まれても、少なくとも片方の親が日本人でなければ市民権は得られないのだ。しかし、日本だけがそのような厳しい法律を持つ唯一の先進国だというわけではない。スイスの入管法も同様に厳しいし、サウジアラビアやクウェートなど、中東の“富める”首長国はもっと厳しいものだ。今回のカルデロン一家に対する日本の入管局の対応が厳し過ぎるとの指摘は当たらない。


http://desicritics.org/2009/04/14/131903.php


普通だし、むしろ常識だよな
[PR]

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2009-04-15 20:23 | 反日運動
    << 中日新聞、漢字の読み間違いと違... じゃあ、今度はこの綱紀委員会に... >>