ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
東方神起って誰?熱狂的フ..
from 貴方の知らない日本
刑法改正案→日本を侮辱す..
from 【2chまとめ】ニュー速嫌儲..
【中国BBS】韓国の良い..
from 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
韓国メディア「K-POP..
from ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
野村旗守氏の転向(主権回..
from 東京のばかやろーブログ
有門大輔氏の問題点2(み..
from 東京のばかやろーブログ
在特会の問題は私達の責任..
from 東京のばかやろーブログ
定資産税減免せずを普通と..
from 母さんによる徒然・・・
自己愛性人格障害
from 文句言いのたわごと
政府に国民の声を届けよう..
from 母さんによる徒然・・・
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
嘘歴史を広めて奔走する教師、豊永恵三郎さん
在韓被爆者救援に奔走 豊永恵三郎さん

 元高校教師の豊永恵三郎さん(73)=広島市安芸区=は、朝鮮半島にいる被爆者たちの権利を日本政府に認めさせるたたかいをずっと支援してきた。年70回程度の被爆証言を重ね、数万人もの朝鮮人が原爆の犠牲になった背景を若者らに語る。かつて何も知らなかった自分への反省も込めて言う。「なぜ彼らが広島にいたのか。きちんと理解しなきゃいけない」

     ◇

 64年前、国民学校(小学校)3年生だった。8月6日は中耳炎の治療のため朝早く自宅を出て坂町の病院にいて直爆を免れた。翌日、船越町(現・広島市安芸区)に住む祖父らと一緒に、母と弟を捜しに広島市中心部に入った。
 爆心地から3・5キロの尾長町(現・東区)にあった自宅は焼けた。建物疎開作業をしていたはずの2人はなかなか見つからない。8日、「近くの山の中にいる」と知人に聞いて登った。むごたらしいやけどを負った何百もの人が横たわっていた。母と弟もそこにいた。2人は一命を取り留めたが、母の顔は真っ黒にふくれていた。母子3人は船越町の祖父母方に身を寄せた。

     ◇

 転校先の小学校には、在日韓国・朝鮮人児童が多かった。中学では韓国籍の友人ができた。家に招かれ初めて在日の人々の集落に足を踏み入れた。劣悪な住環境と、漂うごみのにおいに驚き、その後は足が遠のいた。
 大学卒業後、広島市内の私立工業高校の国語教師になった。多くの在日の生徒が日本名で通っていた。だが、いざ就職となると大手企業は在日というだけで門前払い。中小企業も「日本名で働き続けるならば」との条件付きだった。やっと就職した生徒も長続きはしなかった。
 生徒たちと向き合ううちに、戦前の植民地支配で土地を奪われた朝鮮半島の人々がやむなく日本に渡ってきた歴史を知った。「なぜ在日韓国・朝鮮人がいるのか」と考えもしなかったことを恥じた。
 71年8月、「在日教育に取り組む教員を招きたい」との韓国政府の誘いで訪韓した。日本を出発する前夜、来日して窮状を訴える韓国人被爆者をテレビで見たのは偶然だった。
 滞在中の空き時間を利用し、ソウルの被爆者団体を訪ねた。掘っ立て小屋の事務所にいた被爆者たちはみな歓迎してくれた。「自分たちには日本からも韓国からも支援がない。存在さえ知られていない」と聞いた。
 帰国後、大阪の市民団体「韓国の原爆被害者を救援する市民の会」の活動に加わり、広島支部をつくった。韓国人被爆者が被爆者健康手帳を得るための証人捜しに奔走するうちに、あの日、爆心地近くに入った自分も入市被爆者だと初めて知った。

     ◇

 「被爆者の知り合いはおらんか」。83年、大阪市内の府立高校にいる知人の教師から電話がかかってきた。当時、修学旅行の生徒たちに証言をしてくれる被爆者は少なく、教師たちは証言者を確保するのに四苦八苦していた。「わしも被爆者じゃ」。豊永さんはつい口を滑らせた。家族にさえ語ったことがない被爆体験を語るはめになった。
 11月、220人の生徒たちと平和記念公園で会った。制服を着ていなかったり、濃い化粧をしていたり……。事前に聞いていた以上の「不良」に見えた。その夜、ホテルで証言に臨むのが怖かった。「一番つらい思い出を誰にも聞いてもらえなければ惨めだ」
 生徒たちは最初、寝そべり、おしゃべりをしながら豊永さんの話を聴いていた。だが、次第に私語は消えていった。「豊永さん!」。証言を終えた豊永さんに、2人の女子生徒が涙を流しながら駆け寄ってきた。「いい話でした。ぜひもっと多くの子どもに話してください」
 「広島に来る子たちにもっと語りたい」。志を同じくする被爆者13人で84年、「ヒロシマを語る会」を結成した。勤務先でも、最初の授業で必ず被爆証言をした。「今日は学校が静かだった」と後で同僚が驚くほど、生徒たちは熱心に耳を傾けた。01年に高齢化で会は解散したものの、今も全国から寄せられる依頼に元会員たちと応じている。

     ◇

 米国、ブラジル、メキシコ……。豊永さんらの活動を通じ、朝鮮半島以外の国々にも苦しんでいる被爆者が多くいることがわかってきた。訴訟も相次ぎ、厚生労働省は03年、出国した被爆者への健康管理手当の支給を打ち切る通達をようやく廃止した。
 豊永さんは、広島で原爆関係の訴訟があるときは必ず裁判所に足を運ぶ。気になるのは、在外被爆者の訴訟だと傍聴者が少ないことだ。「日本人被爆者ともっと連携していきたい。同じ被爆者なのだから」(秋山千佳)

http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000160904010002


韓国の原爆被害者を援助する市民の会広島支部長
豊永恵三郎さん(66)
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/02abom/zaigai/4teigen/020808.html


韓国限定なんだ。ふーん。
[PR]

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2009-04-02 22:38 | 反日運動
    << 憲法改正「賛成」51・6%、再... 日本人の心には「中国になめられ... >>