ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
東方神起って誰?熱狂的フ..
from 貴方の知らない日本
刑法改正案→日本を侮辱す..
from 【2chまとめ】ニュー速嫌儲..
【中国BBS】韓国の良い..
from 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
韓国メディア「K-POP..
from ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
野村旗守氏の転向(主権回..
from 東京のばかやろーブログ
有門大輔氏の問題点2(み..
from 東京のばかやろーブログ
在特会の問題は私達の責任..
from 東京のばかやろーブログ
定資産税減免せずを普通と..
from 母さんによる徒然・・・
自己愛性人格障害
from 文句言いのたわごと
政府に国民の声を届けよう..
from 母さんによる徒然・・・
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国際テコンドー連盟は北朝鮮統戦部の前衛組織
「国際テコンドー連盟は北朝鮮統戦部の前衛組織」

世界100カ国余りに支部を置き、会員が3000万人にのぼる国際テコンドー連盟(ITF、総裁・張雄)のオーストリア・ウィーン本部が、北朝鮮労働党統一戦線部(以下、統戦部)の前衛組織だったことが明らかになった。

張雄(チャン・ウン)総裁は国際オリンピック委員会(IOC)委員。 北側は統戦部工作員にテコンドー師範を装わせ、海外工作・情報要員として送った。 統戦部は特に1980年代、ITF師範を使って全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領の暗殺を3度も謀ったことが分かった。

こうした事実は、ITFの創設者である崔泓熙(チェ・ホンヒ、72年にカナダ亡命、02年に平壌で死亡)元総裁の息子、崔重華(チェ・ジュンファ、54)氏の証言で明らかになった。 崔重華氏は74年に出国した。 崔重華氏は張雄ITF総裁体制を不法だとし、別のITFを組織した後、総裁を務めている。

カナダ在住の崔重華氏は転向の意思を南側当局に伝えた。 李明博(イ・ミョンバク)政府が転向の要請を受け入れたことで、8日、34年ぶりに韓国に入国する予定だ。

これに先立ち崔重華氏は5-6日、東京・成田で2度にわたり中央SUNDAYと単独インタビューを行った。

崔重華氏によると、統戦部はITF本部に資金を支援し、対南工作を指示した。 統戦部は崔泓熙元総裁から数千万ドル規模の資金支援の要請を受け、毎年30万ドルの組織運営資金と120万ドルの世界大会開催経費を支援した。 その代わり統戦部は80年以降、ITFのテコンドー師範の海外派遣を掌握した。

以下は崔重華氏との一問一答の要旨。

--なぜソウルへ行こうと思ったのか。

「父がテコンドーをつくったのは民族の精神と知恵を知らせるためだ。 ところが50年の歳月の中でテコンドーが政治に巻き込まれ、失うものが多かった。 私も50歳を過ぎたので母国へ帰るのがよいと考えた」

--崔泓熙氏の自叙伝『テコンドーと私』を見ると、ITFと北朝鮮はあまりにも密着している。

「北朝鮮にもテコンドーを伝えるべきだと考えて父が始めたが、必要以上に関係が深まった。 79年5月、統戦部のチェ・スンチョル(当時73歳・死亡)がカナダに来た。 父と北朝鮮に住んでいた兄(チェ・ボンヒ)との対面、ITFに対する支援を約束し、北朝鮮訪問を勧誘した。 80年9月、‘崔泓熙テコンドー演武団’が平壌(ピョンヤン)体育館で演武を行った」

--ITFは北朝鮮とどれほど関係があったのか。

「テコンドー師範には北朝鮮工作員がかなり含まれていた。 ITFは81年に1次として100人、82年1月に2次として80人の師範を養成し、海外に派遣した。 2次当時は私とイム・ウォンソプ師範が教育した。 ところが3次から今までITFは師範教育に一切関与できなかった。 すべて統戦部が担当し、工作員に育成して海外に送った。 総裁の父と私は完全に除外された。 ITFは関与するなと言った。 このためどれほど多くの北側要員が含まれているかははっきりとは分からない」

--父親の崔泓熙氏がこうした事態を受け入れたのか。

「軍人だった父はテコンドーに一生をかけた単純な人だったので、‘まさかテコンドーを金日成(キム・イルソン)主義の伝播に利用するのか’と話していた。 父と私は、南側がITF師範養成のための人材を提供しないため(北朝鮮と)共生するしかないと考えた」

--北朝鮮労働党統一戦線部の介入の証拠は。

「北朝鮮機関の間でITFの活用方法をめぐり主導権争いがあった。 最初は体育生が担当したが、結局は統戦部が勝った」

--北朝鮮の支援でITFがどれほど拡張したか。

「およそ100カ国が協会に加盟した。 しかしITFと北朝鮮の関係が深まると、脱退の動きも強まった。 その過程で(北側が)海外師範に『社会主義者でなければ教えることができない』と言って金日成主義を伝播しようとし、父がよく怒っていた」

「統戦部副部長がウィーンで私に全斗煥暗殺を指示」

--この事件にどのように介入したのか明らかになっていない。 説明してほしい。

「1981年2月(オーストリア)ウィーンの北朝鮮大使館でチェ・スンチョル副部長から暗殺の指示を受けた。 『マフィアの友人を使って、光州(クァンジュ)事態の遺族の恨みを晴らせるようにしろ』と言われた。 私にマフィアの友人がいるということを当時のパク・ジョンテ師範がチェ・スンチョルに報告したからだ。 私はカナダに戻り、ユダヤ人マフィアのチャールズ・ヤノバーに会い、彼はOKした。その後、81年5-6月、ウィーン・マカオなどで光州事態の遺族を装った北朝鮮工作員がヤノバーと暗殺について話し合った。 私は彼らを紹介し、不本意にも通訳を担当することになった。 陰謀の内容は‘81年7月6-8日、フィリピンのプエルト・アスールのゴルフ場に潜伏し、マルコスと全斗煥大統領がゴルフをする際に暗殺した後、反乱軍本拠地のミンダナオ島に脱出する’というものだった。 ヤノバーは100万ドルを要求し、私は先払いで60万ドルを81年7月初め、ジュネーブの‘スイス銀行’のヤノバーの口座に入金した。 しかしその日になっても何も起きなかった。 ヤノバーは『時期が悪い。 次にする』とし、60万ドルをさらに要求した。 私は『あなたが直接交渉しなさい』と言って手を引いた。 ヤノバーはカナダ警察に逮捕され、2年刑の宣告を受けた」

--他の暗殺計画は。

「統戦部がテコンドー師範に指示して、さらに2回あった。 私が知っている限りでは、統戦部は少なくとも3回、全斗煥暗殺を謀った」(崔氏は師範の名前を出さないよに要求した。 ある関係者は「統戦部のキム・ウジョン副部長(当時85歳)がパク・ジョンテ師範に対し、81年2月に米国を訪問する全斗煥大統領の暗殺を計画しろと指示し、ハン・サムス師範には81年10月、汝矣島(ヨウィド)国軍の日行事の時に暗殺をしろと指示した」と話した。 この計画が失敗すると、作戦部は直接動き出し、83年にアウンサン事件(ラングーン爆弾テロ事件)を起こした)

--暗殺計画が失敗した後、どういう経緯で平壌へ行くことになったのか。

「父が82年初め『急いでここ(カナダ)を離れなければならないという連絡がきた』と話した。 北側が知らせてきたのだ。 急いで出国した」

--平壌では何をしていたのか。

「ウィアム招待所で工作教育を受けた。 当初は接待なのか、教育なのか、分からなかった。 学習したい考えはないかと尋ねてきた。 旅券も取られた状態で、時間も持て余していたので同意した。 最初は社会主義経済と哲学、主体思想などを学んだ。 スパイ映画『名もなき英雄たち』をはじめ、毎日2本の工作映画を2年間うんざりするほど見た。 私たち夫婦に射撃練習をさせ、臨月に入った妻と一緒に夜間に電気を消して拳銃を組み立てろとも言われた。 83年6月に労働党に入党した。 それでも私は利用される考えはなかった」

--その次には何をしたのか。

「83年10月、チェ・スンチョルの指示でヨーロッパへ行った。 ITF企画次長になった。 本部は次第に北朝鮮の手先になっていった。 ユーゴやポーランドでテコンドー服を販売したり、テコンドーの普及と現地にいる北朝鮮師範を指導したりした。 その功労で国旗勲章2級(87年)と功労メダル(89年)を受けた」

--なぜカナダに戻ったのか。

「いつも戻ってみたいと思っていたが、たまたま父がそうしろと言った。 まずカナダの検察側と合意した。 6カ月間だけ住んでもよいと言った。 法廷で北朝鮮との関係は話さなかった。 父が被害を受けるからだ」(崔氏は6年刑の宣告を受けたが、‘カナダ人に英語を教える’模範を見せ、1年で仮釈放された)。

「統戦部が反韓国団体結成を指示」

--当時の統戦部の人物について話してほしい。

「総括担当にチョン・キョンナムがいた。 父が死亡する前の00年ごろ、私は『韓国へ行く。 整理することがある』とウィーンのイ・ヨンソンに通報した。 するとチョン・キョンナムが平壌からカンボジアに飛んできた。 高官が出てくるのは珍しいと聞いた。 チョン・キョンナムは『韓国に行けばどうなるか知っているのか』と脅迫した。 父はチョン・クムチョルの管理も受けていた。 私の場合、チェ・スンチョル、イ・ドンシクが担当していた」

--イ・ヨンソンが核心人物だと言ったが。

「90年代初め、30歳代の若い年齢でウィーンに派遣されてきた。 いまは45歳くらいだ。 北朝鮮工作員養成所の金正日(キム・ジョンイル)政治軍事大学戦闘員出身だ。 統戦部の核心要員で、夫人イ・ソンシム(43)は海外要員監視任務を担当している国家保衛部要員だ。 財政次長・局長・事務総長・執行部局長など核心業務を遂行してきた。 張雄(チャン・ウン)総裁を‘張先生’と簡単に呼べるITFの核心人物だ。 張雄が『音の出ない銃であいつを撃ちたい』と話すほど傲慢だった。 酒が好きで、自由思潮に染まり、一人で市内を歩き回ったりもした。 米国で暮らしたいとも話していた。 07年4月に北朝鮮ITFテコンドー演武団に含まれ、張雄とともにソウルを訪問した」

--それなら80年代以降、ITFは統戦部の前衛隊だったといえるのか。

「100%そうだ」

--統戦部がITFに反韓国団体の結成を指示したと聞いたが。

「そうだ」(崔氏は師範の名前を挙げるのをとまどった。 当局者の説明は以下の通り。 89年、パク・ジョンテ当時ITF事務総長とハン・サムス師範にカナダで祖国統一促進会の結成を指示。 82年7月、ドイツのウォン・ビョンホ師範(当時61歳)に‘在ドイツ韓国人反転反核連盟’という反韓国団体組織を指示。 94年、チョ・デソン師範に‘祖国統一ワシントン連合会’結成を指示。 95年6月、‘朝米朝鮮親善協会’組織を指示。 95年1月、スウェーデンのイム・ウォンソプ師範(当時65歳)に‘ベダル民族平和統一促進会’結成を指示。 こうした団体はすべて結成され、反韓国活動を行った)

--北朝鮮からはどれほどの資金が支援されたのか。

「父はITF運営費に数千万ドルを要求した。 統戦部は数年に分けて支援した。 北朝鮮は毎年30万ドルほどの組織運営資金と120万ドルほどの世界大会経費を支援したと聞いている」

--父親の死亡後、ITFが分裂した理由は。

「01年にイタリア・リミニで開かれたITF第13次総会で問題が生じた。 6年任期の総裁に再当選した父親が03年、突然引退を宣言した。 父が北朝鮮の圧力で動かされたことを知った。 少壮派が反発し、‘残り4年は現事務総長の崔重華(チェ・ジュンファ)が総裁になる’という案が提出され、採択された。 父と息子が席をめぐって争う格好になった」

--それでなぜ組織が分裂したのか。

「ところが6カ月後、北朝鮮が秘密裏にウィーン総会を開催した。 私の支持者には‘私的会議’だと言って参加を阻止した。 私は‘非合法総会には参加できない’と宣言し、出てきた。 すると総会の決定で私を事務総長から解任した。 父は泣いていた。 後に‘ITF除名’を書面で通報された」

--父の真意はどこにあったのか。

「父が死亡した3カ月後の02年9月、平壌人民文化宮殿で追慕会があった。 ところが5分間の休憩中に追慕会の幕が非常総会に変わった。 そこで韓国語で‘張雄IOC委員を総裁に推戴する’という案件が上程された。 通訳もなかった。 追悼式と思って参加した外国人が呆気にとられている間、拍手で通過した。 私は01年のリミニ総会の決定を継承したITFの正統総裁の席を守っている」



http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=104327&servcode=500§code=500


日本のテコンドーは大丈夫でしょうか。
[PR]

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2008-09-09 22:23 | 北朝鮮
    << 韓国、性的暴行犯は薬物で去勢 残念ながら府民は橋下を支持して... >>