ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
東方神起って誰?熱狂的フ..
from 貴方の知らない日本
刑法改正案→日本を侮辱す..
from 【2chまとめ】ニュー速嫌儲..
【中国BBS】韓国の良い..
from 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
韓国メディア「K-POP..
from ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
野村旗守氏の転向(主権回..
from 東京のばかやろーブログ
有門大輔氏の問題点2(み..
from 東京のばかやろーブログ
在特会の問題は私達の責任..
from 東京のばかやろーブログ
定資産税減免せずを普通と..
from 母さんによる徒然・・・
自己愛性人格障害
from 文句言いのたわごと
政府に国民の声を届けよう..
from 母さんによる徒然・・・
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
韓国は反日しないと政治が出来ないんです
ソウル・黒田勝弘 守旧、平凡だった対日外交
 韓国の盧武鉉大統領が“レームダック(権力衰退)現象”にさらされている。マスコミは政権末期の恒例(?)ともいうべき側近の“不正疑惑”を連日のように書き立てている。

 「一匹オオカミで怖いモノ知らず」の政治家らしく、何事につけ自信満々で人を食う(?)ような発言を続けてきた大統領だが、ここにきてその自信に揺らぎが見える。最近、側近秘書官の女性がらみの疑惑事件でこんなことを言っている。

 「自分は自らの判断に比較的、自信を持ってやってきて、今までそれが大きく間違っていなかったと思っていたが今回、その自信が崩れたということだ。大いに当惑しており、実につらい」

 大手紙を中心に気に食わないマスコミとケンカし続け、記者たちを叱(しか)り飛ばしてきた盧大統領が記者団の前でいつになく神妙だった(11日)。

 権力者の「自信満々」は一歩間違えば独善、独走になるが、一方で盧大統領は最近、対日関係で興味深い回想を語っている。森喜朗元首相ら日韓議連代表団との接見で次のように述べている。日本の要人との歓談は久しぶりだ(3日)。

 「自分は(就任直後の訪日で)もう過去の問題には触れない、日本の戦争責任は問わないと約束したが、それが国内的に批判を受け、時間が経つにつれて容易なことではないと分かった。自分は間違っていたと思うようになった。過去を言わないと日本の首脳たちは靖国神社に行き、過去が生き返ってくる。なかなか簡単に対応できる問題ではないと感じた。それで政府内でも余裕が持てなくなり、世論や与党内とも対立するなど非常に難しい問題になり、思うようにいかなかった。日韓関係が一番難しかった」(日本側ブリーフィングの要約)

 自分は対日関係では“過去離れ”の方針だったのだが、マスコミなど世論や与党など国内で批判を受けたため、当初の考えを思うように進められず、結果的に“過去離れ”はできなかったというのだ。

 「国内の批判」としては、たとえば2003年6月6日の初訪日ではこういうことがあった。

 6月6日は韓国では国に殉じた人たちを顕彰する公休日の「顕忠日」だった。そこでマスコミや政界が「こんな日に日本を訪れ、天皇に会って宮中晩さん会とは」とイチャモンをつけた。言いがかりみたいな非難だ。

 この時、日本では国会の日程に従っていわゆる「有事立法」が可決されたのだが、韓国マスコミは「韓国大統領の訪日の日に外交無礼」を強調し、そのことに抗議しない大統領はケシカランと非難を展開した。

 「国内の批判」というのはこういうたぐいのもので、盧大統領はそれに影響され、当初の考えを変えたというのだ。

 在任中、最も盛り上がった反日外交は、島根県での「竹島の日」制定や周辺海洋調査などをきっかけにした“独島問題”だったが、盧大統領自ら日本がまるで、韓国をまた侵略しようとしているかのように日本非難を繰り返した。

 あれだけ自信満々で、マスコミなど世論の批判、非難をものともせず、対米関係をはじめ内政外交で所信を推し進めてきた大統領なのに、対日関係だけはどういうわけか世論の批判に当初から同調し、ついには世論を上回る(?)対日強硬論になってしまった。

 盧武鉉大統領に対して日本側では、戦後(解放後)世代の初の大統領として、自信と余裕による“過去離れ”と新しい対日外交を期待した。しかし結果は最も過去にこだわった“守旧外交”に終わってしまった。

 韓国では歴代政権がそのつど反日外交をやってきたので、盧政権の反日外交がとくに印象に残ることはない。しかし日本では「韓流ブーム」だからその「反日外交」は印象的だ。盧大統領は韓流ブームに乗ってなぜ“過去離れ”を目指さなかったのだろう。

 盧大統領は「日韓関係が一番難しかった」と述懐しているが、本当は一番難しかったはずの対米関係では、世論や与党陣営など「国内の批判」を押し切って米韓FTA(自由貿易協定)締結という思い切った決断をしている。

 結局、盧大統領にとって、日韓関係は反対や批判を押し切って“過去離れ”をするほど、メリット(利益)のある重要なテーマではなかったということだろう。日本については当面、誰も反対しない使い古された反日であしらっておけば済むと思ったのだ。

 反日外交で日本に反韓感情が広がり、韓国の利益が損なわれる事態が予想されるならともかく、皮肉にいえば、盧政権はむしろ日本での韓流ブームに安心して反日外交を続けたということかもしれない。

http://www.sankei.co.jp/kokusai/korea/070915/kra070915001.htm


ノムたんのおかげで色んな韓国情報を広めれたから、散歩道的にはOKだけど(w
[PR]

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2007-09-15 20:38 | 韓国政治
    << 歪曲を超え、東北アジア共同歴史観を 集団自決は「日本軍の強制があっ... >>