ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
東方神起って誰?熱狂的フ..
from 貴方の知らない日本
刑法改正案→日本を侮辱す..
from 【2chまとめ】ニュー速嫌儲..
【中国BBS】韓国の良い..
from 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
韓国メディア「K-POP..
from ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
野村旗守氏の転向(主権回..
from 東京のばかやろーブログ
有門大輔氏の問題点2(み..
from 東京のばかやろーブログ
在特会の問題は私達の責任..
from 東京のばかやろーブログ
定資産税減免せずを普通と..
from 母さんによる徒然・・・
自己愛性人格障害
from 文句言いのたわごと
政府に国民の声を届けよう..
from 母さんによる徒然・・・
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ウチゲバゲバゲバ
扶桑社、「つくる会」元会長らと教科書作成へ

 新しい歴史教科書をつくる会(会長=藤岡信勝・拓殖大教授)が教科書を発行していた扶桑社(東京)からの断絶を表明した問題で、扶桑社は26日、八木秀次・高崎経済大教授(元「つくる会」会長)が理事長を務める日本教育再生機構と協力して教科書の編集・発行を続ける考えを明らかにした。7月には教科書発行のための専門会社を設立するという。

 同社は、「つくる会」が「分裂している」との判断を示したうえで、藤岡会長やその支持者に「大同団結に参加する」ことを求めている。

http://www.asahi.com/national/update/0626/TKY200706260400.html


<扶桑社>新たな歴史、公民教科書を計画  [ 06月26日 17時52分 ]

 扶桑社(東京都港区、片桐松樹社長)は26日、7月に100%出資の子会社を設立し、中学生向けの歴史、公民教科書を発行すると発表した。高崎経済大の八木秀次教授や評論家の屋山太郎氏らが7月に設立する「改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会」(教科書改善の会)が編集や発行に協力する。11年に発行予定。

 扶桑社は、従来発行していた「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)執筆の教科書の継続発行を拒否。社長名で「大同団結に参加されることを熱望している」との見解を出し、つくる会メンバーにも新教科書発行に協力するよう呼びかけた。
http://www.excite.co.jp/News/society/20070626175200/20070627M40.016.html


↓参考に

つくる会・扶桑社「喧嘩別れ」 「右よりで売れないから」?

「新しい歴史教科書をつくる会」と、同会が執筆した日本史や公民の中学生向け教科書を発行している扶桑社が、袂を分かったようだ。共にこれまでの「自虐史観」から脱却した教科書を供給しようと手を結んでいたはずの両者だが、「歴史観」を譲れない「つくる会」と、教科書を売りたい扶桑社の「すれ違い」が背景にありそうだ。

「今の採択結果では、採算、ビジネスとして困る」

「新しい歴史教科書をつくる会」は2007年5月31日、扶桑社との関係を断絶し、扶桑社以外の出版社から教科書を発行する方針を発表した。これに伴い、扶桑社側との妥協点を探っていた会長の小林正会長を解任し、新会長に藤岡信勝・拓殖大教授を選出した。

「つくる会」は06年11月、発行元の扶桑社に対し、「つくる会」の教科書を継続して発行する方針を明示するように要求。これに対し、扶桑社は07年2 月、「広範な国民各層に支持されるものにしなければならない」として、別法人を設立して新しい内容の教科書をつくる意向を「つくる会」に伝えた。「つくる会」はその後も扶桑社と交渉を続けたが、結局「断絶」の道を採ることになった。

では、扶桑社はなぜ「つくる会」の教科書を発行するのをやめたのか。扶桑社が07年2月に「つくる会」宛てに送った回答書によれば、言い分はこんな具合だ。

―― 「つくる会」が会長人事で06年9月以降に組織内に混乱を生じ、有力メンバーの一部が「日本教育再生機構」を設立するなどして分裂。「つくる会」有力メンバーが「再生機構」との協働を拒否し、これまでの枠組みで教科書の編集ができないため、別の新法人を作り、広範な国民各層の支持が得られる執筆人で教科書を発行するに至った。

「つくる会」は、この回答のあとに両者で5月25日に行った最終的な交渉でなされた主な発言を次のように紹介している。

扶桑社 「また同じものを出して、今の採択結果では、採算、ビジネスとして困る」
つくる会 「西尾・藤岡をはずし、教育再生機構側の人を責任者にするのは理解できない。教育再生機構が組織としてつくる会の教科書に発言する権利はない」
扶桑社 「2回目の検定を通った教科書をそのまま3回目にも出すというなら、それはそれで結構だが、私たちはそれは取らない。それなら、扶桑社として、極論をいえば、どこかの出版社から出してもらいたい」
つくる会 「結局、中味が悪いから採択率が低かったと判断されているようだが、間違いだ。扶桑社としては、つくる会との関係を従来の2回の採択の時の状態に戻すということについて、再考の余地はないという風に受け止めてよいか」
扶桑社 「はい」

また、藤岡新会長は07年5月31日に発表した公式コメントのなかで、扶桑社が「つくる会」との関係を解消した理由は、扶桑社が「現行の『新しい歴史教科書』に対する各地の教育委員会の評価は低く、内容が右寄り過ぎて採択が取れないから」と判断したことにある、と説明している。
「喧嘩なんてするつもりはないのだが・・・」

つまり、「つくる会」としては、同会の教科書が内容的に教育委に採用されず、ビジネスを先攻させたために、関係を解消しようとした、と判断しているようだ。実際、「つくる会」の教科書は、02年度供給本については歴史教科書で約1千部、2006年度については約5千部の採択にとどまっている。

扶桑社はJ-CASTニュースの取材に対し、「『つくる会』の動向についてはコメントを差し控えたい」としながらも、次のように述べる。

「(『つくる会』が公表している最終交渉の内容は)正確な表現ではない。そういうこともあり、今後(扶桑社として)公式に見解を述べたいと思っている。現段階では、(事実関係について)申し上げられない」

また、藤岡新会長が「右よりで教育委に採択されない」と扶桑社が述べているとしたことについては、「そんなことは一切申し上げていない」と全面否定している。

「つくる会」関係者は扶桑社のこの主張について、「そんなこと言ったのか?確かに扶桑社はそう述べたはずだ」と驚いた様子を見せている。両者の「すれ違い」は深刻そうだ。この関係者は次のようにも漏らす。

「ずっと一緒にやってきたし、喧嘩なんてするつもりはないのだが・・・」

http://www.j-cast.com/2007/06/01008117.html


これはあれか?

扶桑社「君たちウチゲバばっかやってるからさー。ウザいんだよね。いい加減にしてくれない?」
つくる会「ウリの教科書が売れないからウリを切ってあっちを取るニカ!?」

こんな感じ?
[PR]

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2007-06-26 21:58 | 教育
    << 「ひらがな」に萌え~ 誰も弁護をするなといっているわ... >>