ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
東方神起って誰?熱狂的フ..
from 貴方の知らない日本
刑法改正案→日本を侮辱す..
from 【2chまとめ】ニュー速嫌儲..
【中国BBS】韓国の良い..
from 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
韓国メディア「K-POP..
from ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
野村旗守氏の転向(主権回..
from 東京のばかやろーブログ
有門大輔氏の問題点2(み..
from 東京のばかやろーブログ
在特会の問題は私達の責任..
from 東京のばかやろーブログ
定資産税減免せずを普通と..
from 母さんによる徒然・・・
自己愛性人格障害
from 文句言いのたわごと
政府に国民の声を届けよう..
from 母さんによる徒然・・・
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
NYT、ローゼン麻生閣下を批判
麻生外相発言:「誠実さも賢明さもうかがえぬ」米紙が批判

【ワシントン及川正也】米紙ニューヨーク・タイムズは13日、日中関係や靖国神社参拝などをめぐる麻生太郎外相の最近の歴史認識発言を取り上げ、「扇動的な発言からは誠実さも賢明さもうかがえない」と批判する社説を掲載した。

 社説は「日本の攻撃的な外相」と題し、外相が「天皇陛下の(靖国神社)参拝が一番だ」と述べたことや、日本の植民地支配下の台湾で教育水準が上がったことを指摘した発言を取り上げ、「一連のがくぜんとする発言によりアジアの人々の反感を買った」と批判。

 従軍慰安婦問題や細菌兵器実験、南京事件について、日本の学校での現代史教育で「国の責任にきちんとけじめをつけていない」ことが反感の背景にある、との見解も示した。

 また、中国の軍備拡大について「かなりの脅威」と発言したことにも触れ、「悪化する日中関係にわざわざ火を付けた」と論評。「麻生氏の外交センスは彼の歴史認識と同様に奇妙だ」と締めくくっている。

 ただし、社説は、南京事件の市民の犠牲者を中国側が主張している「数十万人」としたり、中国潜水艦の領海侵犯事件などがありながら「中国が最近、日本に脅威を与えたような記録はない」と指摘するなど、中国寄りの論評となっている。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20060214k0000e030038000c.html


NYタイムズ、社説で麻生外相を批判

 アメリカのニューヨーク・タイムズ紙は、13日付けの社説で麻生外務大臣をとりあげ、「外交センスも歴史センスも奇妙だ」と強く批判しました。

 「日本の無礼な外務大臣」と題したこの社説は、まず、「どの国民も、できれば自分の歴史のすべてに誇りを持ちたいと思うが、正直な人はそれが不可能であることを理解し、賢明な人は過去の過ちから学ぶ必要性をわかっている」とした上で、麻生大臣は「正直でも賢明でもない」と述べています。

 また、天皇の靖国参拝を求めるなど、最近の言動が「周辺諸国を傷つけている」と指摘しています。

 さらに、「中国の軍備力増強がかなりの脅威になっている」と発言したことについて、「難しい中国との関係をさらに難しくした」と述べ、「麻生大臣の外交センスは歴史センスと同様に奇妙だ」と締めくくっています。

 NYタイムズ紙が、日本の大臣1人について、ここまで厳しく批判するのは異例のことです。

http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3225833.html


「あ然とさせる発言」麻生外相を米紙が痛烈批判

 【ニューヨーク=大塚隆一】13日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、靖国神社参拝や植民地統治をめぐる麻生外相の発言を痛烈に批判する社説を掲載した。
Click here to find out more!

 問題にしたのは、天皇陛下の靖国参拝が望ましいとした発言や台湾の教育水準の高さを日本の植民地政策と結びつけた発言。同紙は、アジアの人々の怒りをあおる「あ然とさせる発言」で、「外交感覚も歴史感覚もおかしい」と評した。

 同紙は、事実関係について議論がある問題では中国、韓国側の主張に沿った記述が目立ち、この日の社説でも従軍慰安婦と南京事件について、それぞれ「韓国の若い女性の大量拉致と性的奴隷化」「中国の民間人数十万人の嗜虐(しぎゃく)的な大量殺りく」と断じた。

         ◇

 麻生外相は14日の閣議後の記者会見で、「(ニューヨーク・タイムズの社説を)読んでいないから、何とも言えない。批判は自由ですから」と語った。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060214i503.htm


麻生外相:「批判は自由だ」 米紙社説に
 麻生太郎外相は14日午前の記者会見で、米紙ニューヨーク・タイムズが同外相を批判する社説を掲載したことについて「読んでないから何とも言えない。批判は自由だ。それに対して全部いちいちコメントすることはしない」と語った。「(批判の中に)間違っている部分があれば、どうにかしなければならないところもあるのかもしれない」とも述べた。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060214k0000e010050000c.html



麻生外相の靖国参拝発言など、米紙が社説で批判
 【ニューヨーク=共同】13日の米紙ニューヨーク・タイムズは「耳ざわりな日本の外相」と題した社説を掲載、靖国神社参拝などに関する麻生太郎外相の一連の発言を取り上げて「麻生氏の外交センスは歴史センスと同様に奇妙だ」と評した。

 社説は、麻生氏が天皇に靖国参拝を求めたり、日本の植民地支配時代に台湾の教育水準が上がったなどと述べたことを紹介し、こうした「ひどい発言」がアジアの隣国を怒らせていると指摘。

 社説は「どの国の国民も、できれば自国の歴史のすべてを誇りにしたいと考えているが、賢明な人々はそれが不可能であることを理解し、正直な人々は過去の過ちを学ぶ必要性を認識している」とした上で「麻生外相は賢明でも正直でもない」と述べた。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060214AT3K1400914022006.html
元記事はこちら。
例の人だとは思うけれど、社説は署名が無いんだよなあ。
Editorial
Japan's Offensive Foreign Minister
Published: February 13, 2006

People everywhere wish they could be proud of every bit of their countries' histories.
But honest people understand that's impossible, and wise people appreciate the positive value of acknowledging and learning from painful truths about past misdeeds.
Then there is Japan's new foreign minister, Taro Aso, who has been neither honest nor wise in the inflammatory statements he has been making about Japan's disastrous era of militarism, colonialism and war crimes that culminated in the Second World War.

Besides offending neighboring countries that Japan needs as allies and trading partners, he is disserving the people he has been pandering to. World War II ended before most of today's Japanese were born. Yet public discourse in Japan and modern history lessons in its schools have never properly come to terms with the country's responsibility for such
terrible events as the mass kidnapping and sexual enslavement of Korean young women, the biological warfare experiments carried out on Chinese cities and helpless prisoners of war, and the sadistic slaughter of hundreds of thousands of Chinese civilians in the city of Nanjing.

That is why so many Asians have been angered by a string of appalling remarks Mr. Aso has made since being named foreign minister last fall. Two of the most recent were his suggestion that Japan's emperor ought to visit the militaristic Yasukuni Shrine, where 14 Japanese war criminals are among those honored, and his claim that Taiwan owes its high educational standards to enlightened Japanese policies during the 50-year occupation that began when Tokyo grabbed the island as war booty from China in 1895. Mr. Aso's later lame efforts to clarify his words left their effect unchanged.

Mr. Aso has also been going out of his way to inflame Japan's already difficult relations with Beijing by characterizing China's long-term military buildup as a "considerable threat" to Japan. China has no recent record of threatening Japan. As the rest of the world knows, it was the other way around. Mr. Aso's sense of diplomacy is as odd as his sense of history.


どこの人々も自国の歴史を誇ろうとするものだが、正直な者はそれが不可能であることを知っているし、賢い者は過去の過ちに関する苦い真実を認め、学ぶ意義を理解している。しかし日本の新しい外相である麻生太郎は、第二次大戦を導いた軍国主義、植民地主義、戦争犯罪の暗い時代に関して、正直でも賢くもない発言をしている。

日本にとって同盟国・交易国として重要な隣国を攻撃しながら、彼は今まで利用していた人々をないがしろにしようとしている。第二次大戦は今日のほとんどの日本人が産まれる前に終ったが、日本の公論や学校教育における近代史の授業では、強制連行(mass kidnapping)や若い朝鮮女性の性奴隷化、中国における人体実験(biological warfare experiments) 、俘
虜虐待(helpless prisoners) 、南京における数十万の市民に対する残虐な殺害といった蛮行(terrible events) に対する国家的責任を正しく記述してこなかった。
それこそが、麻生氏が昨秋以来行なってきた一連の呆れる発言の数々に、多くのアジアの人々が怒りを憶えている理由である。最近の二つは、14人の戦犯を讃える対象に含めている軍国的な靖国神社への天皇参拝の提案と、台湾の高い教育水準は、1985年に中国から賠償として割譲されて以来50年にわたる日本の啓蒙的な政策の成果であるという発言である。そして麻生氏が後に行なった釈明は、反響を変えるにはいたらなかった。

麻生氏はまた、中国の長期的な軍備拡張を「かなり脅威」とすることによって、日本と中国の難しい現在の関係を焚き付けている。しかし中国が近年日本に脅威を与えたことはない。世界の誰もが知っているように、事実はその逆である。麻生氏の外交感覚は歴史感覚同様に奇妙である。


http://www.nytimes.com/2006/02/13/opinion/13mon3.html


まあ、閣下は分ってやってるしな。
[PR]

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2006-02-14 20:46 | 政治
    << マンガ『嫌日流』、罵倒されて悔... ウォン高で韓国輸出企業の87%、限界 >>