ネットを散歩していて見つけた面白いものをmemo
by oneearth
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
オススメ
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
東方神起って誰?熱狂的フ..
from 貴方の知らない日本
刑法改正案→日本を侮辱す..
from 【2chまとめ】ニュー速嫌儲..
【中国BBS】韓国の良い..
from 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
韓国メディア「K-POP..
from ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
野村旗守氏の転向(主権回..
from 東京のばかやろーブログ
有門大輔氏の問題点2(み..
from 東京のばかやろーブログ
在特会の問題は私達の責任..
from 東京のばかやろーブログ
定資産税減免せずを普通と..
from 母さんによる徒然・・・
自己愛性人格障害
from 文句言いのたわごと
政府に国民の声を届けよう..
from 母さんによる徒然・・・
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ぽっぽ政権、FAO=国連食糧農業機関の専門家に叱られてます
“口てい疫 封じ込め徹底を”5月26日 6時55分

宮崎県で拡大している口てい疫の感染について、FAO=国連食糧農業機関の専門家は、感染がほかの国にも広がらないよう、重大な関心を寄せていることを明らかにするとともに、日本政府に対し感染を封じ込めるため対策を徹底するよう求めました。

ローマに本部があるFAOで家畜の感染症対策に当たっているルブロス主席獣医官は25日、訪問先のパリでNHKのインタビューに応じました。この中でルブロス主席獣医官は、宮崎県内で口てい疫の感染が拡大している事態について「世界的にみても過去10年間では最大規模の発生となっている」と述べ、感染がほかの国にも広がっていかないよう、国連としても重大な関心を寄せていることを明らかにしました。そのうえで日本政府に対して、感染を封じ込めるため、宮崎県内だけでなく全国規模で対策を徹底するよう求めました。さらにルブロス主席獣医官は、「国連として日本に対し専門的な支援を行いたい」と述べ、日本政府から要請があれば助言のために国際的な専門家を派遣する考えを示しました。これについて農林水産省の担当者は、NHKの取材に対し、「今は日本としても感染対策を懸命に行っているところであり、今後、必要であれば受け入れを検討したい」と述べ、FAOに対し、現段階では専門家を受け入れる考えはないと伝えたことを明らかにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100526/k10014684491000.html




Sluggish Gov't response fuels spread of foot-and-mouth disease in Japan

TOKYO, May 24 (Xinhua) -- Japan's cattle industry is currently on tenterhooks as its globally renowned breeding region in Miyazaki Prefecture, on the eastern coast of the island of Kyushu in southern Japan, is essentially on lock-down following a ferociously infectious outbreak of foot-and-mouth disease (FMD), the likes of which have not been seen in developed nations since the 2001 epidemic in the UK.

The Food and Agriculture Organization of the United Nations, which is still awaiting an official request from the Japanese government for advice and support despite readying their experts to be deployed to Japan to assist, have slammed the Japanese government's inability to respond swiftly enough to effectively identify and take the necessary measures to counter the rampant disease.

In fact, Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama admitted that local officials could have identified and prevented the epidemic far earlier had they not overlooked the highly contagious infection during an on-site inspection on a farm in Miyazaki Prefecture in March.

This monumental oversight may well have led to the number of cattle to be slaughtered ultimately reaching above 205,000 animals in the area, in a bid to prevent the further spreading of the highly contagious disease in the region and beyond, and although Hatoyama has pledged more than a billion U.S. dollars to help compensate local farmers, the actual price Miyazaki Prefecture will pay for this crisis will, undoubtedly, be far higher.

Miyazaki Prefecture is known for breeding stock solely to produce "Wagyu" beef. The beef, known for its tenderness and fatty, marbled texture, has a rich history in Japan, but over the past few years has attracted growing numbers of Wagyu lovers the world over and is enjoyed in top-notch restaurants from Paris and London, to Shanghai and Seoul.

It will come as no surprise that one kilogram of the top-grade beef can wholesale for more than 320 U.S. dollars, when considering the farmers feed their cows beer, groom them by hand and give them regular massages to keep their cattle's stress levels low and ensure the meat is as tender as possible.

With the outbreak of FMD and the subsequent evacuation of the region's and the country's six most prized stud bulls -- the only remaining breeding animals for the highly sought-after Wagyu beef - - in a bid to ensure breeding could continue once the disease had been eradicated, local farmers believed that although the highly contagious virus has brought a halt to all Japanese beef and pork exports for the past month and crippled the premium beef industry in Miyazaki, the future at least, had been safeguarded.

Not so. One of the six top seed bulls named Tadafuji was euthanized Saturday after testing positive for foot-and-mouth disease and the prefectural government has decided to observe the other bulls for at least ten days and conduct several genetic tests on them because they too are suspected to have contracted the disease, in which case they too will have to be culled meaning the Wagyu beef trade will be devastated.

Usually, all bulls and pigs kept with infected animals are culled, but officials have decided to keep the five remaining seed bulls under observation and have assigned them individual care managers to monitor their health and are being housed in separate stalls in a bid to prevent them contracting the disease, despite them all having been exposed to the highly contagious virus.

The future of Miyazaki's premium beef trade looks bleak and according to Susumu Harada, senior director at the U.S. Meat Export Federation, although the supply of domestic meat may become tight, Japan's imports of pork and beef have not been affected so far as the nation has large stockpiles from last year, when the economic slump cut consumption.

Miyazaki accounted for about 9.2 percent of Japan's total swineherd, which was estimated by the agriculture ministry at 9.9 million as of February 1, 2009. The prefecture also represented 10 percent of the country's total herd of beef cattle estimated at 2. 9 million.

However, although the figures reveal the nation is not overly reliant on Miyazaki's cattle for domestic and foreign trade, with just 35 tons of prime meat exported from Miyazaki every year, the prefecture's premium beef trade will certainly be hard hit this year after agriculture officials halted exports, a ban that will be in place for at least three months.

In addition, experts have been unable to pinpoint the cause of the outbreak of FMD, which was first detected in the prefecture on April 20, and although national and local authorities have increased their efforts to control the spread of foot-and-mouth disease, with an emergency task force charged with containing the disease by cordoning off parts of the countryside and ensuring agricultural vehicles undergo thorough disinfection procedures and a host of other safety protocols, questions still remain about the government's sluggish response to the outbreak.

Such questions are being asked by Yasukazu Hamada, a senior member of the opposition Liberal Democratic Party parliament affairs committee, who has criticized the government for being " very slow" in setting up a task force to prevent the spread of the disease after a suspected case was reported a month ago, the first in Japan since 740 animals were culled in Miyazaki prefecture and on the northern island of Hokkaido in 2000.

Hamada recently described the situation in Miyazaki Prefecture as "painful" and admonished the ruling Democratic Party of Japan government for having not taken the initiative in implementing countermeasures.

Hamada also criticized farm minister Hirotaka Akamatsu for making an overseas trip after the outbreak of the disease was announced, saying that Akamatsu himself should be held responsible for the crisis.

Further adding validity to suggestions of negligence by the local and central government, the Miyazaki prefectural government said vaccines for roughly 100,000 animals have not yet arrived and it could take at least three to four days to complete the shots for all 205,000 animals as there is a lack of manpower in the area to administer them.

The Food and Agriculture Organization of the United Nations pointed out that the vaccination of the animals, even if they are already infected, slows down the spread of the disease to healthy animals as has been seen in a similar case in the Netherlands where vaccines were used.

As Hatoyama scrambles to contain a problem that could have been quashed a month prior to the official announcement of the outbreak of FMD in Miyazaki, the opposition LDP are taking aim at Akamatsu' s incompetent handling of the affair and will submit a no- confidence motion against the farm minister and a censure motion to the upper house if the no-confidence motion is rejected. Enditem

http://news.xinhuanet.com/english2010/health/2010-05/24/c_13312492.htm


↓エキサイトさまに翻訳をお願いした。
燃料が広げる日本の口蹄疫ののろい政府応答

English.news.cn 2010年5月24日の15:54: 23 フィードバック印刷RSS

東京、5月24日(新華)--現在、口蹄疫(FMD)のどう猛に感染する大発生に続いて、南日本の九州島の東海岸には宮崎県のグローバルに有名な繁殖領域が本質的にはロックダウンにあるように、テンターフックに日本の牛の産業があります。イギリスの2001年の流行病以来それの同様のものは口蹄疫のために先進国で見られていません。

国際連合食糧農業機関。(その国際連合食糧農業機関は、まだアドバイスと彼らの専門家を準備しますが、サポートが補助するために日本に配備されて、日本の政府のものが事実上、はびこっている病気に対抗するために必要な措置を特定して、取ることができるくらい迅速に応じることができないことであることをぶつからせた日本の政府からの公式の要請を待っています)。

事実上、鳩山の日本人の幸雄首相は、彼らが3月に現地査察の間、宮崎県の農場で感染力が強い感染を見落とさなかったなら、地方公務員が先程遠くに流行病を特定して、予防できたことを認めました。

このとてつもない見落としは、結局虐殺されるためにたぶん領域と向こうの接触伝染病の一層の普及を防ぐためにその領域の20万5000匹の動物の上で達しながら、牛の数につながったでしょう、そして、鳩山は地元の農業者を代償するのを助けるために10億米ドル以上を誓約しましたが、宮崎県がこの危機に支払う実際の価格は確かにはるかに高くなるでしょう。

"Wagyu"牛肉を生産するために唯一家畜を飼育するので、宮崎県は知られています。 柔らかさ、および脂肪性の、そして、大理石製の織地で知られている牛肉は、過去数年間にわたって日本に豊かな歴史を持っていますが、増加している数のWagyu恋人を世界中に引き付けて、最高のレストランでパリとロンドンから楽しまれています、上海とソウルに。

最高位牛肉の1キログラムがそれらの牛のストレス・レベルを低く保って、肉が確実にできるだけ柔らかくなるようにするために農業者が彼らの牛にビールに餌をやると考えているとき、320米ドル以上で卸売りして、手でそれらの手入れをして、定期的なマッサージをそれらに与えることができるのは、驚かないでしょう。

FMDの大発生とその領域のその後の避難と国の6頭の最も大事な種牛と共に; 非常に需要の多いWagyuのための唯一の残っている繁殖動物が不平を言います----病気がいったん根絶されると繁殖が続くかもしれないのを保証するために、地元の農業者は、感染力が強いウイルスが過去の月のためのすべての日本の牛肉と豚肉輸出に停止をもたらして、プレミアムを無力にしましたが、宮崎の牛肉産業(少なくとも未来)が保護されていたと信じていました。

そのようにない。 Tadafujiという6頭のトップシード選手雄牛の1つは口蹄疫のために検査で陽性と出た後に、土曜日に安楽死させられて、県庁は、それらも病気にかかったために疑われるので、少なくとも10日間他の雄牛を観測して、それらの上でいくつかの遺伝子検査を行うと決めました、それらもWagyu牛肉業界が荒らすことを意味しながら選別されるために持っているどの場合かに。

通常、感染動物と共に飼われたすべての雄牛とブタが、選別されますが、感染力が強いウイルスに露出されて、職員は、それらのすべてにもかかわらず、病気にかかりながら、5頭の残っている種牛を監視すると決めて、彼らの健康をモニターするために個々のケアマネージャをそれらに選任して、それらを防ぐために別々の売店に住まわされています。

Susumu原田、米国食肉輸出連盟の専務理事に応じて、宮崎のプレミアム牛肉貿易の未来は荒涼に見えて、国内の肉の供給はきつくなるかもしれませんが、国に昨年からの大きい備蓄がある限り、日本の豚肉と牛肉の輸入は影響を受けていません。その時、経済不況は、消費を削減しました。

宮崎は日本の総豚飼いの約9.2パーセントを占めました。(その豚飼いは、2009年2月1日の時点で、990万で農業省によって見積もられていました)。 また、県は国の2時に見積もられていた肉牛の総群れの10パーセントを表しました。 900万。

しかしながら、数字は、国が国内外の貿易で宮崎の牛にひどく頼っていないのを明らかにしますが、農業職員が輸出(少なくとも3カ月適所にある禁止令)を止めた後に、確かに、毎年宮崎からちょうど35トンの最上級の肉を輸出していて、県のプレミアム牛肉貿易は今年、被害を受けるでしょう。

さらに、専門家は4月20日に県に検出されて、国家の、そして、地元の当局が口蹄疫の普及を制御するための彼らの努力を増加させましたが、1番目であったFMDの大発生の原因を正確に指摘できません; 田舎の地域を交通遮断することによって病気を含んでいて、農業車両が徹底的な消毒手順と他の多くの安全プロトコルを受けるのを確実にすることで告発された緊急対策チームと共に問題は大発生への政府ののろい応答に関してまだ残っています。

Yasukazu浜田によって尋ねられるそのような質問は反対自由民主党議会事の委員会のシニアメンバーです、740匹の動物が県の宮崎と、そして、2000年の北海道の北島の上で選別されて以来の日本における1番目。(疑似患者が1カ月前に報告された後に、病気の蔓延を防ぐために特別委員会を設立することにおいて「非常に遅い」であるので、そのシニアメンバーは、政府を批評しました)。

浜田は、最近、宮崎県の状況が「苦痛である」と記述して、対策を実行しながらイニシアチブを中に入れていないように支配的な日本民主党政府を訓戒しました。

また、浜田は、病気の発生が発表された後に、海外旅行するために農場の大臣Hirotaka Akamatsuを批評しました、危機がAkamatsu自身の責任を負わせられるべきであると言って。

さらにローカルと中央政府による怠慢の提案に正当性を追加して、宮崎県庁は、およそ10万匹の動物のためのワクチンがまだ届いていなくて、それらを管理するためにその領域における、労働力の不足があるとき、すべての20万5000匹の動物のためにショットを終了するには少なくとも3~4日かかることができると言いました。

国際連合食糧農業機関は、それらが既に感染しても動物のワクチン接種が病気の蔓延を同様の事件でワクチンが使用されたオランダで見られた健常な動物に減速させると指摘しました。

'鳩山がよじ登られるとき、不信任案が拒絶されると、自民党は、宮崎でのFMDの大発生、反対の発令の1カ月前に破棄されたかもしれない問題を含むように、事のAkamatsu's無能な取り扱いをよくねらっていて、農場の大臣と上院への問責動議に対していいえ信任案を提出するでしょう。 Enditem


のろまとか言われてるし。

ここのところ、ちょこちょこ書いている「考察」ね。
多分、輩は高品質な水や食料に大金を投資してる。

これ、後ろでぶちぎれている輩が透けて見えるwwww
[PR]

  • サイト訪問者にマッチした広告を表示します。ぴたっとマッチ!!
  • 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 麻生太郎 グッズ Tシャツ マグカップ あなたのおっしゃるアジア あなたがおっしゃるアジア 脱亜論 日の丸 謝罪 謝罪禁止 sanitary portable toilet,lavatory latrine toilet transportable disaster relief sanitation drainage system water supply rental toilet loo 簡易トイレ 公衆便所 お手洗い トイレ 便所 災害対応 レンタルトイレ 可動式 イベント キャンプ 竹 竹屋 竹垣 たけ タケ 竹垣工事 竹製品 青竹 白竹 袖垣
    by oneearth | 2010-05-26 20:37 | 政治
    << 今回は気合入ってますね 韓国と国交断絶! >>